StraStellaの攻略wikiです。

砲撃型スーツ一覧

US+1 Lv40

名前HP攻撃防御命中回避クリ率クリダメ反撃スキル追加効果
アスロン2491798983632815419346530211.3%144.5%26.6%HP50%以下特効
プリング
シャオチェン2504399069933006412776497812.2%133.3%26.3%腐食付与・特効
プリング
ムスペル2396058819531903408266355310.8%140.7%27%移動力減少
シルフ2574959190932908403316465512.1%127.1%25.7%沈黙付与
クリティカル特効
クリティカル確定
プリング
ピグマ2491798690132359410326167610.9%145.9%27.4%氷結特効
必中
防御減少
ヤタ2542218802333138413606621312.5%124.3%25.4%腐食特効
必中
攻撃減少
ジェンカ2459068845433138417676634112.7%127%25.5%クリティカル特効
クリティカル確定
防御減少
イゾルテ?
イシス2499398647031972408666446411.4%131.5%25.5%気絶付与・特効
抵抗減少
ベリド2537178629332359419346523812.8%125.6%26.1%沈黙付与・特効
プリング
ダスクウィング2668199432933883432036938411.5%132.4%25.4%氷結付与・特効
プリング
タイシェイ2562359061532977429586686012%132.4%26.1%クリティカル確定
プリング
アンティゴネ2572459692234074418906439512.1%126.8%26.5%氷結特効
クリティカル確定
抵抗減少
アルペジオ2499398647031972408666446411.4%131.5%25.5%気絶付与・特効
抵抗減少
バアル2849599502033560457516672811.1%147.9%27.5%気絶付与・特効
プリング
ハルシキンナラ2388509994532393464477534712%127%26.2%気絶付与・特効
抵抗減少
ミューターキンナラ2648009346737347431646880012%127%26.2%沈黙付与・特効
抵抗減少
ベノミックキンナラ2907519147834074454236660012%127%26.2%腐食付与・特効
抵抗減少
コバルトキンナラ2622829605933981443947229912%127%26.2%凍結付与・特効
抵抗減少
アイテールギガース2864689571135598458296277811.5%133.9%25%必中
防御減少
インフェルノギガース2905019407034236464076478712.7%128.9%25%クリティカル確定
防御減少

US Lv30


砲撃型概要

多連装ミサイルによる中距離攻撃に特化したスーツ。
対象を中心とした範囲攻撃を主体とするアタッカー
デバフを扱える機体が多く、デバッファーの役割を担う事もある。
攻撃力のステータスは狙撃型に次ぐ高さ。
耐久面は、防御力は強襲型に、回避は支援型に次いで高いが、HPはそれ程でもないので適正レベルのステージで壁になろうとすると悲惨な目に遭うことが多い。
状態異常耐性の傾向は、沈黙にやや強く、気絶にやや弱い。

通常攻撃は4マス先まで届き、対象とその前後左右1マスの十字型の範囲を同時に攻撃できる。
ただし、自機の前後左右に2マスと斜め1マスの位置にいる敵を対象にすることができない。
その為、4機のスーツに四方を密着されて囲まれると、移動も攻撃も封じられる状況が出来上がる。
大抵のスキルも隣接した敵を対象にできないので、ボスが砲撃型の場合、これを利用して有利に戦う事もできる。

また、砲撃型の通常攻撃やスキルは、壁などの障害物の先にいる相手を攻撃することが可能。
この仕様が活きるステージは多いので上手く使いたい。


大きな欠点として、命中の数値が悪い事が挙げられる。
ステージが進み、敵が強くなるとだんだん攻撃が命中しづらくなっていき、アタッカーとしての地位を狙撃型に奪われていく傾向にある。
ただし、障害物を無視して攻撃できること、対象を中心とした範囲攻撃が得意であること、デバフを扱える機体が多いことなどから、完全に出番を奪われる訳ではなく、サブアタッカーの位置づけで大いに活躍できる。

そして、移動力が狙撃型と並んで最低の3であることも欠点である。
砲撃型のスキルは詠唱範囲が狭い物が多く(斜め方向にいる相手を対象にできないスキルが多い)、近くに敵がいるのにスキル攻撃できない、という事態も起こりがち。
エルダーなどが使う、移動力増加バフと組み合わせるなどして工夫しながら戦う必要がある。


砲撃型スーツのスキルの中には、プリングという特殊効果を持つスキルがいくつか存在する。
基本的には対象を中心に効果範囲が展開する範囲攻撃なのだが、攻撃が当たった相手を範囲の中心に引き寄せる。
スキルの中心地点と巻き込まれる敵の間に壁があったとしても関係無く引き寄せるので、一部のステージでは重宝する。
敵の位置を強引に操作できるスキルは、それだけで威力以上の価値がある。

一方で、プリング系のスキルは致命的な欠点がある。
それは、対象に指定した敵にプリング判定が成功しないと、スキル自体が不発に終わってしまうという事。
普通の範囲攻撃は、効果範囲にいる敵全てに1回ずつ命中/回避の判定が行われる。
しかしプリングスキルは、

まず対象とした敵に命中判定 → 成功(命中)すると効果範囲内にプリング効果発生 → 同時に、効果範囲内の敵それぞれに、ダメージが入るかどうかの命中判定

というプロセスを踏む。
要するにダメージを与えるための命中判定が二回行われる事になるのである。
この仕様が、命中の低い砲撃型と相性が悪い。
例えば命中率が80%であった場合、プリング判定80%×攻撃判定80%で、実質64%の命中率、という事になってしまう。

US以上で人気の機体

簡易版。
日本サーバー実装済みのスーツのみ記載。
より詳しくは各スーツのページやおすすめ機体(ネタバレ有り)を参照。

ピグマ(特選):必中スキル、防御力低下デバフ
ヤタ(特選):必中スキル、攻撃力低下デバフ

このページへのコメント

>> 名無し 2017年11月15日(水) 01:17:58
修正しましたー
ありがとうございます。

Posted by 774 2017年11月17日(金) 23:30:51

スーツ一覧のUS40アスロンの命中、回避の数値がずれて間違ってますよ

Posted by 名無し 2017年11月15日(水) 01:17:58

>> 名無し 2017年11月12日(日) 20:40:20

ご指摘ありがとうございます。
勘違いしていたようです。
文章修正しました。

Posted by 774(建て主) 2017年11月13日(月) 20:17:02

プリングは吸い込みが成功しても狙った対象に当たるとは限りません(吸い込みが成功しても直接狙った相手に外れる事はある)
つまり命中が全て80%なら吸い込みは80%で発生し、ダメージ判定がまた80%で当たる(つまり実質全員64%)となります

Posted by 名無し 2017年11月12日(日) 20:40:20

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます