StraStellaの攻略wikiです。

ヘラ
US
US+1
支援型メーカー:APRON


スキル

・通常攻撃
ランクスキル名倍率(%)追加効果
C〜SSSノーマルアタック1100
SSS+1ノーマルアタック2130
USアイスアタック2110対象氷結時 倍率+55%


・スキル1
ランクスキル名倍率(%)効果消費MP再使用
Cエリアケア80持続回復(範囲、2ターン)253ターン
Bエリアケア195
Aエリアケア2110
Sエリアケア3110
SSエリアケア4125
SSSエリアケア5125
SSS+2エリアケア6140
US


・スキル2
ランクスキル名効果消費MP再使用
Cリスターティング再活性、MP消費増加50%(単体、2ターン)704ターン
Bリスターティング165
Aリスターティング260
Sリスターティング355
SSリスターティング450
SSSリスターティング545
SSS+3リスターティング640
US


ステータス

C〜SSS+3まで

US以降

ランク名前レベルHPMP攻撃防御命中回避移動
USヘラ30225057100528521918848987552314
クリ率クリダメ反撃気絶抵抗氷結抵抗沈黙抵抗腐食抵抗
9.1%142.1%31.9%15.5%10.2%5%10.4%
ランク名前レベルHPMP攻撃防御命中回避移動
US+1+1ヘラ40282764100664042410861548693934
クリ率クリダメ反撃気絶抵抗氷結抵抗沈黙抵抗腐食抵抗
9.1%142.1%31.9%15.5%10.2%5%10.4%

入手方法

フローレンス加入時(Cランク・要神殿ジェミニクリア、ジニー覚醒)
・ガチャ
・SSSスーツチケット(SSSランク)
・USスーツチケット(USランク)

雑感

SSSまで

フローレンスの愛機。
範囲に効果のある持続回復スキルと、再活性スキルを持つ。


スキル1のエリアケアは、HP回復+ターン開始時にHPが回復するバフを付与するスキル。
要するに使用した時と次のターンの開始時の合計2回、HPが回復する。
対象を中心とした一定範囲に効果があり、回復力はSSS+2の時点で攻撃力の140%×2。
同じ範囲回復スキルのエリアヒーリングと比べると即効性は低いが回復量の合計値では上回り、SSSランクが相手なら充分な回復力が得られる。
2回に分かれる回復は再使用時間までの穴埋めや、超過回復対策として優れていて安定感がある。


スキル2のリスターティングは、行動終了した味方を1機、再度行動できるようにするスキル。
言うまでもなく非常に強力なスキルだが、再活性した対象に、2ターンの間、消費MPが50%増加するデバフも同時にかけてしまう
MP切れにはくれぐれも注意しよう。
短期決戦が基本のシミュレーターではMP消費がそれ程気にならないので、このスキルのありがたみが増す。

リスターティングによる再活性は、一部のピクシーが持つスキルによる再行動と違い、回数に制限が無い。
ヘラ(あるいはピンクナイチンゲール)を複数用意すれば、用意した分だけ行動できる。
この仕様は、強力なアタッカーを複数用意するのが難しい初心者プレイヤーや、コスト制限の関係で強力な機体を1機しか使えない通常戦場などで猛威を振るう。


US機が必要になる難度のミッションではエルダーモメンティアの出番が多くなるので、ヘラは敢えて進化させず、低いランクのまま通常戦場で活躍させるという選択肢がある。
少なくとも、フレンドガチャなどで出るCランクのヘラは、ロックをかけて取っておいた方が良いだろう。

US

通常攻撃が氷結特効になった他は、性能自体に大きな変更は無い。

US基準の環境になった事で、強襲型スーツのHPが大きく増加した。
対して、ヘラ…というより支援型スーツの攻撃力が強襲型のHPほどの増加をしなかったため、エリアケア6では強襲型USのHPを充分に回復出来ない状況が出てきてしまった。
砲撃・狙撃・支援型にとっては依然充分な回復量を保っているし、強襲型に対しても致命的に足りないという訳ではないが、SSS時代にあった安定感は抑えられてしまっている。


高難度のミッションではエルダーモメンティアほど出番を確保する事ができておらず、また、今後リスターティングを持ち、ステータスもヘラより高い機体が実装される見通しが強い事から、どうしてもUS進化の優先度は下がりがちである。

その上、期間限定ではあるものの、初音ミクコラボによりハーモニア(特選機)とファンタジアが実装されてしまった。
ハーモニアは相手を再活性すると同時に移動力増加バフを付与するスキルを持ち、ファンタジアは再活性と同時にダメージ無効バフを付与するスキルを持つ。
問題は、ハーモニアとファンタジアの再活性スキルは両方とも、消費MP増加のデバフが付かないという事である。
消費MPはあちらの方が10高いので完全な上位互換という訳ではないものの、強力過ぎるほど強力なライバルとなってしまった。

仕様変更履歴

日付ランク内容
2017/10/31US通常攻撃 特効倍率上方修正(40%→55%)

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます