StraStellaの攻略wikiです。

シャオチェン
US
US+1
砲撃型メーカー:シズ重工業


スキル

・通常攻撃
ランクスキル名倍率(%)追加効果
C〜SSSノーマルアタック1100
SSS+1ノーマルアタック2130
USポイズンアタック2110対象腐食時 倍率+40%


・スキル1
ランクスキル名倍率(%)追加効果消費MP再使用
Cポイズンミサイル120対象腐食時 倍率+25%202ターン
Bポイズンミサイル1130対象腐食時 倍率+30%
Aポイズンミサイル2140対象腐食時 倍率+35%
Sポイズンミサイル3150対象腐食時 倍率+40%
SSポイズンミサイル4160対象腐食時 倍率+45%
SSSポイズンミサイル5170対象腐食時 倍率+50%
SSS+2ポイズンミサイル6180対象腐食時 倍率+55%
USアシッドミサイル6160腐食(3ターン)402ターン


・スキル2
ランクスキル名倍率(%)追加効果消費MP再使用
Cプリングアシッド100プリング、腐食(3ターン)403ターン
Bプリングアシッド1110
Aプリングアシッド2120
Sプリングアシッド3130
SSプリングアシッド4140
SSSプリングアシッド5150
SSS+3プリングアシッド6160
US


ステータス

C〜SSS+3まで

US以降

ランク名前レベルHPMP攻撃防御命中回避移動
USシャオチェン30199329100721892627032853517173
クリ率クリダメ反撃気絶抵抗氷結抵抗沈黙抵抗腐食抵抗
12.2%133.3%26.3%5.1%10.3%15.3%10.2%
ランク名前レベルHPMP攻撃防御命中回避移動
US+1+1シャオチェン40250439100906993300641277649783
クリ率クリダメ反撃気絶抵抗氷結抵抗沈黙抵抗腐食抵抗
12.2%133.3%26.3%5.1%10.3%15.3%10.2%

入手方法

ネーズ加入時(Cランク・要神殿タウルス クリア)
・ガチャ
・SSSスーツチケット(SSSランク)
・USスーツチケット(USランク)

雑感

SSSまで

ネーズの愛機。
腐食付与付きプリングスキルと、腐食特効スキルを持つ、腐食のスペシャリスト。
単独で特効を成立させることができるのがポイント。
他に強い腐食特効持ちの機体がいると、より一層輝ける。


スキル2のプリングアシッドは、効果範囲内の敵にダメージを与え、更に範囲の中心に引き寄せるプリングスキルに、腐食付与が追加されたもの。
SSS以下のシャオチェンはこのスキルを使って腐食を撒く事になる。
詠唱範囲(対象指定範囲)が自機の前後左右直線に3〜4マスのみという使いづらさはあるが、効果範囲は広め。


スキル1のポイズンミサイルは、通常攻撃と同じ詠唱範囲、効果範囲を持つ腐食特効スキル。
威力は最大で180%。
相手が腐食状態なら235%に上がる。
スキル2と違い、斜め方向にいる敵も対象にできて使いやすいが、効果範囲が対象の前後左右に1マスだけ広がる最小の十字なので、大量の敵を処理するのには向かない。


スキル2で腐食付与→スキル1で高威力の特効攻撃というのが基本スタイルで、攻撃性能は総じて高いと言えるが、特効無しでも高い火力が出るムスペルや、将来性の高いピグマに出番を奪われがちである。

US

USになると通常攻撃とスキル1が変化し、役割が大きく変わる事になる。
また、SSS以下では無類の強さだったムスペルのステータスが低く抑えられた為に、主要ステータスがムスペルを上回る事になり、SSS時代に比べれば相対的に地位が上がったと言える。
(ただし、シャオチェンのステータスもそれほど高い訳ではない)


スキル1の威力が下がり(180%→160%)、腐食特効が外されて腐食付与スキルに。
その代わりに、通常攻撃が腐食特効に変化した。
SSS+2時代は、(相手を腐食にする)→180+55=235%のスキル1→130%の通常攻撃で、相手が腐食である間に合計365%の攻撃を行う事ができた。
しかしUSになると、(相手を腐食にする)→110+40=150%の通常攻撃→160%のスキル1か2で、合計310%の攻撃になってしまい、火力が低下してしまっている。
腐食特効は他の状態異常特効と違い、2017年10月31日のバランス調整で強化されなかったのも痛い。
スキルの倍率も最大で160%と低めであることもあり、腐食特効を使った高火力のアタッカーというより、腐食をばら撒くアタッカー兼デバッファーというポジションになった。


スキル2のプリングアシッドはSSS+3の時と変わらない性能だが、US基準の環境では敵の回避性能が高まった影響をもろに受けてしまっている。
プリング系スキルは、対象に選んだ敵に回避されると、スキル自体が不発してしまう。
スキルが発動するかどうかと、攻撃が当たるかどうかの2回、命中判定が行われるということで、砲撃型特有の命中率の悪さが際立つ結果に。
更に、「腐食を与える」という目的で使用する場合、腐食付与が成功するかどうかの判定まで加わってしまうので、非常に不利な状況が出来上がってしまっている。


また、USシャオチェンは命中率の低さ、火力の低さの他にも、消費MPが高いという欠点も抱えている。
スキル2は元々消費MP40。
スキル1が変化し、こちらも消費MPが40になってしまった。
通常攻撃でMPを回復できるネーズ向けと言えばその通りなのかもしれない。


腐食特効を持つアタッカー…クルセイダーレイブンガープが揃っているなら、砲撃枠の候補に挙がる。
その場合、腐食付与は持っていないが抵抗減少のデバフを扱うイシスや、状態異常とは関係無く強力なピグマなどがライバルとなるだろう。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます